トピックス

関連団体情報&議事録 

 

 

【全腎協からのお知らせ

全腎協の最新情報はリンク集の全腎協よりニュ-ズレターの項目を開くとニュ-ズレター(医療関係の国会審議などの様子をまとめた文章など。)がプリントアウト出来ます!

 

平成31年3月14日(木)の第48次国会請願に参加し、請願署名を紹介議員の先生方に届けて参りました。皆様のご協力有難うございました。》

 

平成31年3月14日(木) 

全腎協・第48次国会請願

午前中、衆議院議員第1議員会館で開かれた事前集会に参加しました。この後、衆議院議員 田嶋 要代議士と面談し皆様からお預かりした署名を届けて参りました。

(左から及川理事・小川トキ子理事・小川理事長 右は田嶋代議士)撮影 田嶋議員の秘書の方 

 

 《障害年金(腎疾患)の等級・最終案!》

  障害年金専門家会合にて厚労省が最終案を決定しました。

現在、人工透析治療中の者については今後も2級を維持。 

検査成績、長期透析による合併症の有無など、具体的な日常生活状況によっては上位等級に認定する。(障害が重くなっていることが確認されれば2級以上の等級になることが有る。)

  腎移植者の障害年金は現行、術後3年までは2級が支給されているが今後は1年までとする。

③この他にもeGFR(推算糸球体濾過量)による認定基準が特例として導入される見込みです。

 【以上が厚労省が提示した障害年金等級認定の最終案です。今回は透析患者が無年金者になることは回避出来ましたが、今後もこの様な議論が再燃して来ることは予想されます。考えたくは有りませんが、患者会としては注視して行く必要は有ると思われます。】

※《朗報です難病の医療費助成制度が1月より実施。

 腎疾患からのIgA腎症」と多発性のう胞腎」が対象になりました。

 

【障千連からのお知らせ】

 

 

《令和1年11月10日()》

千葉市中央コミュニティセンター5階研修室3にて

(令和1年度障千連・第46回定期総会)

総会は午後1時30分より開始となり、昨年度の活動報告・会計報告並びに監査報告を終え、予定されていた全ての議案の審議を終了致しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・              

【議事録一覧】

 

《平成30年度第48回定期総会議事録・平成29年度代表者会議議事録》

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

NPO千腎協第48回定期総会議事録

 

日 時 平成30年5月27日()午前10時~12時

場 所 千葉市生涯学習センター3階・大会議室

出席者 理事長・小川光雄

副理事長・積田圭市 市東浩行 藤縄隆浩 木下彩子   

理 事 中村厚 栗田八郎 石橋洋子 武井照江 松本茂之 村山清明

    山下敬 城島浩 及川清夫 吉田道子

監 事 松本裕子 佐藤俊彰   

代表者 鈴木義克 篠村文隆 山本光雄 小川トキ子 降籏茂 萩野薫 

春日井明夫 平野秀広 川上喜一 谷亀浩 山口忠士 田中公夫  

       以上29名

司会 中村事理事

・第48回NPO千腎協定期総会開会挨拶 中村理事

・黙祷 物故者に対して会員全員で黙祷

・理事長挨拶 小川理事長

・議長団及び書記を選出

・議長 篠村文隆氏 平野秀広    書記 及川清夫理事 積田副理事長

・議長挨拶 篠村文隆氏 平野秀広

篠村議長より報告⇒出席者20[(代理出席を含む)議決権を持たない理事7名及

び監事2](議長委任)提出14

名(20名+14名)=34名 34/47施設となり過半数の出席を認め、定款に従い本日の総会は成立致します。 

・議長(平野)これより審議に入ります。

議題

《報告事項》

1号議案.平成29年度活動報告。 積田副理事長より報告。詳細は千葉腎友153

号参照。主な活動。県要望4項目を県に提出。第30回「腎臓病を考える会」樫浦

むつほ先生演題(フレイルと栄養)・平山陽先生演題(慢性腎臓病に対する腎臓リハ

ビリテーション)の講演。全腎協第47次国会請願(請願署名募集)他。

2号議案. 平成29年度決算報告。 木下副理事長より報告。詳細は千葉腎友153

号参照。昨年度は街頭キャンペーン(2か所同時開催)を実施しました。

相変わらず会員数は減少しているので当然、会費収入も減ってはいるが支出は多い

ので定期預金を若干、切り崩す事になるかと思います。

3号議案.平成29年度監査報告。 松本・佐藤 両監事より報告。(書類・通帳等)

 すべて適正に処理されていることを確認しました。

 

議長(平野)より質疑が無いようですので、報告事項3案について採決を求めます。

賛成多数により報告事項3案は可決成立されました。

 

《審議事項》

4号議案.平成30年度事業計画(案)。 積田副理事長より報告。詳細は千葉腎友153号参照。今年度は青年部の青年交流会が千葉県担当となっておりますので9月末に九十九里で開催されます。第31回「腎臓病を考える会」をちばポートホテルにて開催予定。

5号議案.平成30年度予算(案)。 木下副理事長より報告。詳細は千葉腎友153号参照。今年度より会報千葉腎友を年間3号発行とします。(従来は年間4号発行としていましたが。)この結果、会報作成費が若干抑えられます。

6号議案.定款の追加事項。 今年度より千葉市のNPO法人、所管官庁の千葉市より会計監査報告をHP等で公示する事を義務付けるようにと、要請が来ております。ですので、この条文を今年度より定款55条に付け加えたいと思います。

積田副理事長より提案。

 

その他.平成29年度に改正の有った新役員の任期2年目に当たりますので、紹介を小川理事長より。詳細は千葉腎友153号参照。

議長(篠村)より質疑がないようですので審議事項3案についての採決を求めます。

賛成多数により審議事項3案は可決成立されました。以上で本日の6議案はすべて可決成立されました。(篠村)45, 6号議案は可決成立しましたので議案書より(案)を取り消してください。

 

議長(篠村)よりこれにて議長団を解任致します。

                                                     

■議長は、及川理事、積田副理事長の2名を議事録署名人に選任したい旨を述べ、議場に諮ったところ承認された。

■議長はこれをもって議案の審議全てを終了した旨を述べ、午後12時00分閉会しました。

 

平成30年6月5日             特定非営利活動法人 千葉県腎臓病協議会

               議    長    平野 秀広     

                   篠村 文隆   

                    議事録署名人    及川 清夫   

                         同          積田 圭市    

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NPO千腎協平成29年度代表者会議議事録

日 時 平成30311()午前10時~12時

場 所 千葉市生涯学習センター3階 研修室1

出席者 理事長・小川光雄

副理事長・積田圭市 藤縄隆浩 木下彩子   

理事・武井照江 松本茂之 中村厚 村山清明 山下敬 城島浩 坂上敎夫

代表者 片倉楯生 谷亀浩 小川トキ子 鈴木強志 春日井明夫 山口忠士 田中公夫 佐藤俊彰 及川清夫 田口聖人 田村康一                     

 以上22名

議長 積田副理事長    書記 木下副理事長 藤縄副理事長 

 

■定刻になり議長が開会を告げる。

 

理事長挨拶 小川理事長

本日は誠に有り難うございます。代表者の皆様には二つ確認しておきたい事がありま

す。

一つには、組織というものは生き生きと活動をしていかなければならないという事。行事には真剣に取り組み参加を呼びかけてください。

二つには、会員の拡大方策について。腎友会に入るメリットとは、自分の命を守ること、家族を守り幸せにすることになります。機関紙による医療情報、講演、勉強会を通じて、療養生活に生かしてください。

議題

1.平成29年度事業活動報告(積田) 別紙資料参照

「千葉腎友」3月発行予定の153号は5月発行予定の県大会資料集に集約し、

県要望の回答も掲載する。

2.平成29年度下期決算見込み報告(木下) 詳細は添付資料参照

  上記「千葉腎友」休刊の為C広報会報事業費が、削減された。

3.平成30年度事業活動案報告(積田) 詳細は添付資料参照

  計画案作成後の進行状況の説明

    6/10 県大会 後半に予定されている記念講演:講師 船橋二和病院 松隈

    英樹先生「患者会の歴史とその役割」

     7/1   代表者研修会には、個人会員も参加出来る様にする(その為、例年行わ 

    れていた個人会員懇親会は止とする。)

    10/28第31回「腎臓病を考える会」 講師に東葉クリニックグループの先生を

    予定。

4.平成30年度予算案報告(木下) 詳細は添付資料参照

  「千葉腎友」を年3回にして、C広報会報事業費を削減した。この件は、賛成意見が

   多数であった。 

.  全腎協第47次国会請願・署名募金報告 積田副理事長 詳細は添付資料参照。

国会請願 3/15() 小川、木下、武井参加予定

  紹介議員 松野博一、富田茂之、田嶋要、志位和夫

. 会員数報告  2/16現在2482名  詳細は添付資料参照。

7.関東ブロック青年交流会in千葉について

      日程:9/29()~30() 会場:サンライズ九十九里

8.その他

   ①下期代表者会は、11月の上期代表者会以後、国会請願以外の大きな事業がなく

    資料を送れば、あえて会議を開催することはないとの意見が有りました。

    賛成意見が多数であり、経費見直しの意味で、年1回に決定した。 

 質疑:先ほどの会報の発行回数を年3回にする案は賛成です。何故なら1回減らすだ

  けでも製作費の削減に繋がり、会費の節約になりますので、広告収入の事もあ

  るでしょうが、この件は是非、実行して頂きたい。

もう1点、広告収入の件ですが、我々が普段お世話になっているダイアライ

ザーのメーカーからも広告料を頂く事は可能では無いかと思うのですが?メー

カーと交渉してみても良いと思われます。こちらも是非、ご検討頂きたい。 

                     (東葛クリニック腎友会・片倉楯生)

  積田副理事長より回答⇒お話の件は気が付きませんでした。早速、交渉してみ

   ます。こちらからも広告料を頂ければ大きな収入源となりますから。

 

小川理事長より⇒平成30年度の活動の1つに9月最後の土・日に(青年部)の青年交流会が予定されております。これは全腎協・関東ブロックとの共催で開催するものですが、平成30年度は千葉が開催県となっております。会場はサンライズ九十九里です。

 現在は松本理事一人で頑張ってくれておりますが、みなさんも是非ご協力ください。各腎友会で50代の会員さんをご紹介ください。できれば50歳以下の方が望ましいと思いますが?勿論、千腎協全員でバックアップするつもりです。

 

藤縄・木下の2名を議事録署名人に選任したい旨を述べ、議場に諮ったところ承認され

た。

 

■議長は以上をもって議案の審議全てを終了した旨を述べ、12時閉会した。

 

平成30314日            特定非営利活動法人 千葉県腎臓病協議会

                           議       長  積田圭市     

                  議事録署名人  藤縄隆浩     

          同     木下彩子     

 

 

 

()

           

                                                                                    

                                                    

()